• 火. 10月 26th, 2021

いつでも始まる終活的センスの磨き方

いつでも真剣にプラス思考で考える

環境は目まぐるしく変化します。

今日あるものが明日あるとも限りません。

だけど心の持ち方で目に映る景色は変化します。

同じ事が起こっても

どう捉えるかで幸福度が変わります。

人は様々なことに迷い、心配します。

行動を起こすことが何よりも大切です。

整理整頓

年を重ねると

将来の為のものや行動の整理整頓が大切になります。

例えば、今はネット上に資産を形成する時代。

自分の経験をネット上で公開すれば

それに興味を持った人たちが集まって

そこから広告収入を得ることも可能になります。

使わなくなった商品を販売することも簡単に出来る様になりました。

自分でできない場合は様々な買取業者が存在します。

自分自身で販売すると

思わぬ返品や、送付コストの見当違いや色々とありますが業者なら

手軽に相談できそうです。

いろいろなものを販売してみてわかったのは

服は買い手がなかなかつかない事。

カメラやレンズは注目度が安定しています。

自動車免許の返納が鍵

バスや地下鉄といった交通機関が充実していない地方では

移動手段が奪われるのはかなり厳しい。

しかし、いつかは考えなくてはならない自動車免許の返納。

自動車税や保険など、節約できる面にクローズアップして

決断する事が望ましいのです。

マニュアル車に疲れを感じたらそれは返納の時期かもしれません。

アクセルとブレーキの踏み間違いは誰にでも起こりえます。

住み替えも大事

家族構成が変われば

家も変わる。

よく、都会の狭い庭で一生懸命家庭菜園をしている人がいます。

定年退職後、家を販売して

地方に移住すれば広い庭が手に入るかもしれません。

あるいは都会のワンルームに引っ越すことで

近くのスーパーや病院に徒歩で通えるかもしれません。

今の自分達に大切なもの考えて行動すれば

生活はより良くなります。

その時の為に、あまりものは揃えないで

最低限のもので、良いものを使う習慣を身に着けましょう。

服もシンプルなものを最低限。

そんなことを日々考えていれば

それは

終活です。

Follow me!

PAGE TOP