• 土. 7月 13th, 2024

【カホンでリズムを楽しむ日常を手にいれる】日常的リズム

投稿日:2024年7月11日 最終更新日:2024年7月11日 記事制作:奥本光城(おくもとこうじょう)

音楽という宝物は、私たちの日常に無限の彩りを加えてくれます。しかし、多くの人々はその宝物を手に入れるためには、高価な楽器や専門的なスキルが必要だと考えがちです。今日はそんな誤解を解き明かし、誰もが簡単に楽しめる音楽の世界への扉を開く方法をご紹介します。その鍵となるのは「カホン」という楽器です。基本的には腰掛けて、右手と左手で叩きます。叩く場所によって低音から高音までの何種類かの音が出せます。

リズムの重要性: 動画も英会話もリズムからできている

リズムは、音楽だけでなく、私たちの日常生活における多くの要素に深く関わっています。特に、動画制作と英会話学習においてリズムの理解と応用は、内容をより魅力的で理解しやすくするために欠かせません。この記事では、リズムがどのようにして動画制作と英会話に影響を与え、それらをより効果的にするかを探ります。

動画制作におけるリズム

動画制作においてリズムは、視覚的な流れとオーディオのタイミングを統合することで、視聴者の注目を惹きつけ、メッセージを明確に伝えるために重要です。具体的には以下のような要素が含まれます。

  • カットのタイミング: シーンの切り替えやトランジションのタイミングは、視聴者の注意を引き続けるために重要です。適切なリズムでカットを行うことで、ストーリーの流れをスムーズにし、視聴者を引き込みます。
  • 音楽との同期: 背景音楽や効果音は、映像の感情を高め、特定のシーンの雰囲気を設定するのに役立ちます。映像と音楽のリズムが同期していると、より強い印象を与えることができます。
  • ペースの調整: 全体のペースを通して、視聴者の興味を維持することが重要です。ダイナミックなシーンと静かなシーンのバランスを取り、リズムを変えることで、視聴者の感情をコントロールします。

英会話におけるリズム

言語もまたリズムから成り立っています。英会話においてリズムを理解し、適用することは以下の理由で重要です。

  • 発音の改善: 英語には独特のリズムがあり、強勢やイントネーションが重要な役割を果たします。これらのリズムを捉えることで、ネイティブスピーカーに近い発音を目指すことができます。
  • 流暢さの向上: リズム感を持って話すことで、言葉のつながりがスムーズになり、聞き手にとって理解しやすい英会話が可能になります。
  • 表現の豊かさ: リズムを活用することで、感情や強調したいポイントを効果的に表現できます。これにより、コミュニケーションがより豊かでダイナミックになります。

リズムは、私たちが創造するあらゆる形のコンテンツの根底にあります。動画制作では、視覚的な流れとオーディオの統合によって視聴者の興味を引き、感情を動かします。英会話においては、リズムが発音の正確性、流暢さ、そして表現の豊かさを高める鍵となります。リズムを意識して取り入れることで、より魅力的で影響力のあるコンテンツを生み出すことができるでしょう。

カホンの魅力とは

カホンは、そのシンプルな見た目からは想像もつかないほど豊かな音色を持つ打楽器です。元々はペルーまたはアフリカで生まれたとされ、木箱に座って背面や側面を手や指で叩くことで演奏します。その音色はドラムセットを彷彿とさせますが、場所を取らず、手軽に扱える点が大きな魅力です。ドラムとは別物と考えていいと、高校時代にバンドでドラムをしたことのある私は考えます。色々と購入を検討していると、ドラムと同じ様にバスドラ用のペダルとか色々気になります。まずは本体だけで大丈夫です。できたら、私のおすすめはカホン用のカバサを追加することです。カバさについては後ほどお知らせします。

中古でカホンを手に入れる

音楽の旅を始めるにあたり、最初の一歩は楽器を手に入れることから。カホンは新品でも手ごろな価格で手に入りますが、更にお得に始めたい方は中古市場を利用するのがおすすめです。中古であってもカホンの質は十分に楽しむことができ、個性ある音色の発見もまた一つの楽しみとなります。高さが45cm以上で50cmくらいまでのものが175cmの身長でちょうどいいくらいです。小さいものもあります。ミニカホンと言われている様です。あと、箱の中には振動する鉄線・ギター弦が仕込まれていて、響く様な構造です。弦の場合、カホン下部のネジでテンションの調整ができるものが多いです。マジックテープやビニールテープなどで押さえてミュートすることで響きを自分好みにチューンします。また、前面の打面取り付けネジの締め付けを調整しても音色が変わります。1万円前後から6万円くらいまでの中古商品を調べた上で、1万円ちょっとの中古を購入しました。実際色々自分で調整してみました。高いのはもちろんいいでしょう。でも、私は安めを買いました。私は将来的に写真館の椅子にしようと考えています。写真の撮り方についてのサイトもぜひご覧ください。

カバサでアクセントを

カホンだけでも充分に楽しめますが、カバサという楽器を加えることで、更に音楽の幅が広がります。カバサは金属製のビーズが付いたガードを、中に入った球を揺らすことで音を出す楽器で、リズムにアクセントを加えるのに最適です。カホンとカバサを組み合わせることで、ドラムセットにはない独特のリズム感を楽しむことができます。私の場合は下の写真の様にクリックスという本来は靴に挟んでリズムが刻めるタンバリンのベルみたいなものをサイドにマジックテープで固定できる様にしています。

アマゾンで価格をみてからメルカリもヤフオクも確認しましょう!

Schlagwerk シュラグヴェルク カホン・カバサ SR-CCA30

新品価格
¥6,930から
(2024/3/13 10:32時点)

本来は靴に差し込んでリズムを刻めますが、私はちょっと工夫して使っています!

SCHLAGWERK シュラグヴェルク KRIX (クリックス) “ザ・リズム・ステップ” SR-KRIX10

新品価格
¥3,465から
(2024/3/13 10:35時点)

ドラムとは違う楽しさ

カホンとドラムセットは、どちらもリズムを刻む楽器ですが、演奏する楽しさには大きな違いがあります。ドラムセットはその大きさと複数のドラムやシンバルからなる豊かな音色が魅力ですが、音と振動が大きな楽器です。住宅環境を考えると購入していつでも楽しめるものではありません。電子ドラムは本物のドラムを考えると、購入には至りませんでした。カホンはそのコンパクトさからくる手軽さ、どこでも気軽に演奏できる点が最大の魅力です。また、カホンは演奏者との身体的な接触が直接的なため(ドラムの上に座っている)、より直感的に振動としてリズムを感じることができます。また身体全体を使った演奏をすることでビートを楽しむことができます。

日常にリズムを

カホンとカバサを使った音楽は、特別なスキルや知識がなくても、誰もが日常の中で楽しめるものです。友人との集まり、家族との時間、一人のリラックスタイムなど、様々なシチュエーションで音楽を楽しむことができます。カホン一つで、あなたの日常にリズムという名のスパイスを加えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

音楽は、特別なものではなく、日常の一部として楽しむことができる素晴らしい芸術です。毎日机に向かってPCで作業をしていて、ちょっと気分転換という感じで叩くカホンは心地よさを提供してくれます。音の大きさは叩き方で調整して、小さな音でも深い低音とアクセントでリズムを楽しめます。特別なものでなく、日常の一部にあってもいいものだと確信しています。カホンという手軽で身近な楽器を通じて、音楽という宝物を日常に取り入れ、新たな喜びを見つけてください。リズムを楽しむことは、生活に新たな豊かさと楽しみをもたらしてくれることでしょう。

Follow me!

Contents

PAGE TOP