• 土. 7月 13th, 2024

本をたくさん読むための手段についての考察

投稿日:2024年7月11日 最終更新日:2024年7月11日 記事制作:奥本光城(おくもとこうじょう)

私の読書週間は、まずAmazonで注目されている話題の本を探します。または自身の傾向で推薦してくれる書籍を探します。その後、図書館のネットサービスにアクセスして借りれるか確認します。すぐに借りれそうなら予約して、時間がかかりそうならメルカリとブックオフオンラインで検索します。そして、それでもなければAmazonで新品を購入して、読んだらすぐにメルカリで販売します。

トレンドを捉える:Amazonで注目の書籍を発見

読書の旅は、常に最新のトレンドを把握することから始まります。Amazonは、話題の書籍や新刊、ベストセラーを簡単に探すことができる素晴らしいツールです。このプラットフォームでは、ユーザーレビューや評価に基づいて、高く評価されている本を瞬時に見つけることができます。また、過去に購入した本や閲覧履歴に基づいた推薦機能も利用して、自分の好みに合った本を発見しましょう。読みたい本を見つけたら、次のステップに進みます。

図書館のネットサービスを駆使

次に、図書館のネットサービスをチェックします。多くの図書館では、オンラインでの検索と予約が可能です。図書館のシステムを使えば、手元にあるデバイスから利用可能な本を簡単に確認できます。もし目当ての本がすぐに借りられそうなら、オンラインで予約しましょう。こうすることで、無駄な外出を避け、時間を節約できます。最初は身近な図書館に出かけて貸出カードを作ります。その際、身分証明書が必要です。免許証かマイナンバーカードをお忘れなく。また、詳しくはネットで調べておきましょう。そもそも、休館日を調べてから行った方がいいでしょう。

メルカリとブックオフオンラインでお得に入手

図書館での予約に時間がかかりそうな場合は、メルカリやブックオフオンラインを利用してみましょう。数件の予約でも、引取まで1週間と貸出期間2週間を考えると相当かかります。これらのプラットフォームでは、新品よりも手頃な価格で本を見つけることができます。中古品を購入することで、コストを抑えながら読書を楽しむことが可能です。また、この方法では、他の読者が手放した珍しい本や廃版の本に出会うチャンスもあります。

新品購入から再販まで:Amazonでのスマートな読書サイクル

それでも目当ての本が見つからない場合は、Amazonで新品を購入します。読了後、本を保管するスペースが限られている場合や、再読する意向がない場合は、メルカリで販売してみましょう。これは、読書を継続しながら、本の再利用を促進するスマートな方法です。新品と販売価格との差額で最新刊をスピード感を持って読むことができます。このサイクルを通じて、読書にかかる費用を一部回収することが可能です。

速読術:多読のキー

読書の量を増やすための重要なスキルが速読です。速読を習得することで、同じ時間内により多くのページを読むことができます。基本的な速読技術には、スキミング(要点を掴むために速く読む)やスキャニング(特定の情報を探すために素早く目を通す)などがあります。速読は練習によって向上しますので、毎日少しずつ練習を積み重ねていくことが重要です。私の場合は、同じペースで目線を移動させながらキーワードを拾い読みしながら意味が繋がらない部分がなければそのまま内容を推測しながら読み飛ばしていきます。音読はしませんし、目から入ってくる情報はそのまま理解するように心がけています。

まとめ

効率的な読書のためには、何を、いつ、どのように読むかを計画することが重要です。目標を設定し(例えば、1時間で3冊の本を読むなど挑戦的な目標を立てて)、それに向けて日々の読書時間を確保することが大切です。興味の向くまま、その分野に関連する本を読み込む感覚です。

このブログ記事では、Amazonでの本の選び方から、図書館の利用、メルカリを通じた再販まで、読書をより豊かで効率的なものにするための多角的なアプローチを提案しました。読者の皆様が、これらのヒントを活用し、読書の楽しさを最大限に引き出すことを願っています。

Follow me!

Contents

PAGE TOP