• 土. 7月 13th, 2024

NFTから成生Aiへの移り変わり

投稿日:2024年7月11日 最終更新日:2024年7月11日 記事制作:奥本光城(おくもとこうじょう)

ここ数年、さまざまなことがありました。何を考え、どのように行動するといいのでしょう。

くりぷとタマテバコのリンク・ツリー

自分の好きを追求する

時代の変化を読み切ることはできません。しかし、その時期ならではの思いに突き動かされ行動すれば、工程が身につきます。

それは財産になります。

例えばNFTの時代。

NFTの時代

ノンファンジブル・トークンと呼ばれていますが、

暗号通貨の構造の中にデジタルデーターを紐づけて管理するものでした。

絵や、3Dデーター付きの暗号通貨です。

暗号通貨の長期保有などで通貨の価格の変動を抑える狙いもあったそうです。

数枚の絵をレイヤー的に構成して、機械的に数千枚、数万枚の絵を作れるジェネラティブも

やってみると面白かったです。

全く売れませんでしたけど。

全く売れない

そう、全く売れませんでした。

そして、ちょっと何点か買いました。

買って終わりました。

作って終わりました。

作って終わる

動画も作って、YouTubeも初めてみました。

面白くないやつ。

みられるわけもなく、

しかし、

写真の撮り方を意識して動画は作って載せました。

本当に、それでも登録してくれる方がいらして

ありがとうございます。

毎日、作っておくのは、成生Aiの画像。AIと芸術:歴代の芸術家風の絵画生成を活用した新たな発見と感性の拡張

Aiによる画像生成

おすすめなのは:https://leonardo.ai/ そして:https://www.seaart.ai/ja

グーグルアカウントでログインすれば、毎日何十枚か無料で作成できます。

プロンプトは無料で利用できるOpenAiの成生Aiに文章で作ってもらうといいでしょう。

絵画の状況や好きな作家の画風を英語でおしえてもらい、そのままコピー&ペーストして使ってます。

芸術は、快と不快による脳への作用だと考えているので、

美術館に行って絵画鑑賞するような体験を得られます。

そうではない!とおっしゃる方もいらっしゃると思いますが、、、。

無料なのはいいことです。

無料でも有料でも何かをすることで発見があります。

新しい発見

新しい発見の連続です。

そのためには行動力です。

行動力の根源を確立しておく必要があります。

人によってはそれを、モチベーションとか、キュリオシティ(好奇心)とか言います。

テレビやラジオ、人の話し声やネットの記事。

気づくことが重要なのだとおもいませんか?

Follow me!

Contents

PAGE TOP